オーガニックに行き着くのかしら

スキンケアをしっかり行っていると、あるときふと「このスキンケアで正解なのかな?」という思いが頭をよぎる時があります。

その思考の背景には「もっと自分にあった、効果のあるスキンケア方法があるのでは?」という考えが下敷きになっているんですね。

クレンジングでメイクオフして、洗顔して化粧水、乳液、美容液、クリームという一連の流れの中で、無限ともいえる組合せが存在します。

どういうことかというと、それぞれの製品が恐ろしいほどの数存在するから、それを組合せていくと天文学的数字になるということですね。

できるだけ自分の肌に合うものを見つけたとしても、化粧水と乳液の組合せを変えてみるだけで、効果が倍増するかもしれないという疑念がつねにあるわけです。

なので、「これでカンペキ!」と言えるセットなんて絶対に見つけ出すことは不可能なんですよね。

そういうことを考えていると、スキンケア製品で肌を美しくするという考え方より、肌そのものを健康にするほうが早いという思いに行き着きます。

そこでオーガニックへと舵を切るわけなんですね。

国産:HANAオーガニックトライアルセットのレビューです!

オーガニックの良いところは、即効性は期待できないですが、使い続けるうちに肌本来のパワーが蘇ってくることです。

肌が健康を取り戻せば、肌荒れの不安も遠ざかっていきますし、すっぴん素肌が美しく変化します。

小さな女の子はケアしなくても潤い肌なのは、肌が健康だからなんですよね。

目指すのはまさにここ。

メイクで疲れてしまった肌を元通りにするには、オーガニックのちからを借りるのが一番なのかもしれません。